和泉保育園では、絵本の読み聞かせや貸し出しを行っています。

毎月楽しいお話を子どもたちに提供して下さっている「おはなし屋えっちゃん」こと武知悦子さんに監修していただき、子どもたちに読み聞かせたい旬の絵本をご紹介しています。

りすのかぞえうた
さこ ももみ/作

ページごとに数が合った絵が描かれています。それに合わせて、話を読んでいくのですが、リズムにのって読める絵本になっています。お子さんと一緒にリズムにノリながら数を数えることもできて興味をもって数を覚えられるのではないでしょうか?

かわいいりすたちが1~10までの数をかぞえながら日常を過ごしています。リズムに合わせてりすたちが楽しく歌を歌って最後まで数はかぞえられるのでしょうか・・・

へっこきよめさん
おざわ としお、からさわ かおり/作
 はなのうちまさよし/絵

日本に伝わる昔話のひとつです。上品で働き者のお嫁さんが、人を吹き飛ばすほどのおならをするというだけで大ウケ間違いなしのお話です。しかも、変な呪文を唱えて・・・。また、どんなことでも見方を変えると役に立つこともあるのかもしれないということを考えさせてくれる内容です。是非、お子様と一緒に読んで笑い、そして考えてみてください。

上品で働き者のお嫁さん。でも、嫁いできてしばらく経つとどんどん顔色が悪くなていきます。理由を聞くと、おならを我慢していると・・・。「おならぐらい、我慢しなくていい。」と言うと、お嫁さんはおならをしました。でも、そのおならのものすごいこと!!さすがに家に置いておけないと嫁ぎ先を追い出されてしまうお嫁さんですが、そのおならが皆を助けることになります。