和泉保育園では、絵本の読み聞かせや貸し出しを行っています。

毎月楽しいお話を子どもたちに提供して下さっている「おはなし屋えっちゃん」こと武知悦子さんに監修していただき、子どもたちに読み聞かせたい旬の絵本をご紹介しています。

どんぐりのころちゃん
みなみ じゅんこ/著者

どんぐり一つ一つの表情や形、大きさなども違うので見ていて楽しくなります♪
最後はどんぐり達が落ち葉に「ぽーん!」とジャンプをして眠りにつくシーンもあり、夜寝る前に読むのにちょうどいい一冊だと思います。

地面に落ちたころちゃんの前には、まるい形や小さい形、色々な形のどんぐりたちが大集合!わらべうたの「どんぐりころちゃん」を歌いながらページをめくっていく絵本です。

いちにちパンダ
大塚 健太/作  くさか みなこ/絵

みんなに注目されるのって、誰でも気持ちが良いもの。お調子者のトラのユーモラスな一日は、何度読んでも面白くて笑ってしまいます。動物園にも着ぐるみを着た動物がいるかもしれませんね♪

パンダが大人気の動物園。ある日パンダが風邪をひいてしまいました。さあ大変!困った飼育員はトラに「いちにちパンダになって!」と頼みます。困ったトラに飼育員は、あるものを指しだしました。さて、大人気のパンダがいなくなった動物園はどうなるのでしょうか?