和泉保育園では、絵本の読み聞かせや貸し出しを行っています。

毎月楽しいお話を子どもたちに提供して下さっている「おはなし屋えっちゃん」こと武知悦子さんに監修していただき、子どもたちに読み聞かせたい旬の絵本をご紹介しています。

アリのおでかけ
西村敏雄 作
 

  親子で楽しめる内容として鉄板です!
「これ何かな?」「あ~!!○○だ~!」と会話が弾む事間違い無しです!
テンポも良く、文字数も少ないです。なので、スイスイ読めてイメージが広がります。
次々出てくるヘンテコ道にお子さんが夢中になる一冊です。

 アリさんたちを乗せた真っ赤なバス。どこを走っているのでしょう?道はなんだかヘンテコ。ページをめくるたびに楽しい発見が!

すなばばば
鈴木のりたけ 作
 

  子ども達がいつも遊んでいる砂場が舞台となり、砂場の上から砂が降ってきたり、砂の中からカバが登場してきたりして、遊んでいる砂場がこんな風になったらどうだろう?と想像力をかきたてるストーリーです。登場する子どもの表情も豊かでおもしろい言葉遊びが満載です。

公園の砂場で遊んでいたら、空から砂が降ってきた!すくなば、すなばなな、すながねばねば・・・?楽しい言葉遊びが始まります!