和泉保育園では、絵本の読み聞かせや貸し出しを行っています。

毎月楽しいお話を子どもたちに提供して下さっている「おはなし屋えっちゃん」こと武知悦子さんに監修していただき、子どもたちに読み聞かせたい旬の絵本をご紹介しています。

ねばらねばなっとう
林 木林・作
たかお ゆうこ・絵

おすすめポイント

この絵本は、運動会の時期にはとても読みやすくメロディーに合わせて歌って読める絵本になっているのでとても読みやすいです。
とてもなっとうたちが可愛らしく作られていて可愛いので読んでみてください!

あらすじ

なっとうたちが赤白に分かれて運動会をしています。
童話の曲のメロディーに合わせて歌って読める替え歌絵本になっています。
なっとうたちがつなひき、玉入れ、障害物競争などをしていろいろな種目を思いっきり粘ったりして楽しんでいます。

どうぶつたちのあきの
おたのしみって?
アン・ウィットフォード・ポール・作
デイヴィッド・ウォーカー・絵
福本友美子・訳

おすすめポイント

秋の季節を想像してわくわくできるお話です。色々な動物が出て来て秋にはどんなことをして過ごしているのか疑問文で進んでいき、最後には文章が断定に変わっていき…。
動物たちの本当の目的が何だったのかは読んでみてのお楽しみ!
秋という季節の世界観に包まれながらのストーリでなんだか温かい気持ちになっていきます。

あらすじ

秋になると、涼しい風が吹いて、おいしいものがたっぷり。
アライグマのお母さんは赤ちゃんをなでなで!カラスは良く睛れた空をぐるーりぐる一り!くまはごちそうを作って友だちとみんなで一緒にパクパクもぐもぐ!秋には楽しいことがいっぱいあるよ!