2019/06/146月 育児講座「言語聴覚士による言葉遊びと相談」

 

 

今日は1日中雨でしたね。

 

今日は育児講座で言語聴覚士の先生に来て頂きました。

内容は「言葉遊びと相談」です。

 

挨拶をした後、先生が何か良い物を持ってきてくれましたよ。何かな?

手作りの可愛い絵本が登場。そこには扉があって・・・子どもたちは絵本に集中している様子。

「トントントン」ノックしてみます。すると・・・

 

 

あ!犬さんだ!みんなが大好きなアンパンマンやバイキンマンなど!

扉をピラッとめくるのが楽しいようです☆

とんとんとん・・・と叩くと何か出てくる。これを〝陰画関係”というようです。

子どもたちも真剣な眼差しで見てくれました♪

 

最後に相談の時間。ママたちからは様々な悩みが。

「家では話すのに外では話さない」「話すのが遅いような気がする」

「子どもの顎の様子が気になる」等 先生にたくさん質問されていました。

 

ママたちは育児に忙しい分、子どもの悩みは付き物。

言語聴覚士といったプロから、アドバイスや「大丈夫ですよ」という声掛けで救われますよね。

顎の様子については、先生が所属していらっしゃる天山病院で受診できるということで、

ママも安心した様子でした☆

時間いっぱい個別で悩み相談ができて良かったです。

また機会があれば、お願いしたいと思います!

 

 

育児講座は、子どもたちの手作りおもちゃ製作だけでなく、こういったプロの方に相談・アドバイス頂ける機会も

設けています。「こういうことがあったらいいな」「こういう相談がしたい」いうものがありましたら、お気軽に支援センターの

先生にも相談してくださいね♪

それでは良い週末を!