2020/07/29育児講座「言語聴覚士による言葉遊びと相談」

 

今回の育児講座は、言語聴覚士の花山裕子先生に来て頂いての講座でした◎

和泉保育園支援センターでは、年2回こうして言語聴覚士の先生に来て頂いています。

 

主な内容 ↓

【言葉あそび】

①「大きくなあれ」

②「とんとんだあれ」

③替え歌紹介

 

です。

 

 

①では、みんなで「大きくなあれ」と唱えると…

たまごからヒヨコさんに!

小さなケーキが、大きなケーキになっちゃった☆

 

 

コロコロ変わる展開に、泣いていたお友だちも嬉しそうに見てくれていましたよ(*^_^*)

 

 

↑ ②ではドアに誰か隠れているみたい・・・

ドアを「とんとんとん」とノックして、取っ手を引っ張ってめくってみると…

わあ♪ うさぎさんが!

 

 

きりんさんや、ぞうさんも登場しました。みんなが大好きなキャラクターまで!

 

 

子どもたちは、登場する仕組みに不思議そうな表情を見せたり、やりたい!と言わんばかりに絵を引き寄せて

積極的にめくっていました◎

 

 

 

③替え歌紹介では、童謡「ぞうさん」に合わせて、「きりんバージョン」「○○ちゃんバージョン」で

やってみましょう。というご紹介でした!

みんなが知っている童謡に、動物や人物などの特徴を取り入れてみても良いかもしれませんね(*^_^*)

 

 

その後は、質疑応答の時間。

その場ではなかなか言いづらかったかもしれませんが、センタールームに花山先生に来て頂き、

子どもたちを遊ばせながら、個別で相談することができました◎

ママたちも個別だからゆっくり話せる機会があって安心して相談しやすかったようです。

 

 

 

『どうぶつの名前を教えるときは、正式名称がいいの?ワンワンなどのオノマトペで良いの?』

『どんな話しかけが良いの?』

『発達検査でこういう話をしました…』というエピソードなど聞くことができました。

ママたちも言葉掛けしてるつもりでも、難しかったりしますよね。

このような機会でスッキリできたら良かったなと思います(*^_^*)

 

花山先生、ありがとうございました!!

 

また次回、お会いしましょう~。

お し ま い ♡