保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • バスごっこ
    バスごっこ
     大きなブロックを使ってバスごっこ。このブロックが大好きな子ども達。すぐにまたがり、「バスにのって」の歌を歌ってほしい!と言っているかのように体を動かしてアピールします。左右に体を曲げたりノリノリな姿はとても可愛いです。大人が足を伸ばしその上に座って一緒に楽しむこともあります。
      
  • コマ
    コマ
     お正月遊びとしてコマで遊びました。保育士がコマを回すと初めて見るこまに興味津々の子ども達。始めは不思議そうにじっと見たり、触ろうとしていましたが、時間が経つと真似をして自ら回そうとしていましたよ。「上手だね」と声を掛けると満足気な顔を見せ何度も繰り返し遊んでいました。
      
  • ままごと遊び
    ままごと遊び
     ままごと遊びが大好きな子ども達。自ら好きなお皿や食材を選びお皿に乗せたりして遊んでいます。きゅうすでコップにお茶を入れる動作をしたり、友だちとなにやら話をしながら遊ぶ姿は微笑ましく思います。保育士にも色々な食材をお皿に乗せ持ってきてくれます。「ありがとう」と声を掛けると真似をして頭を下げたりしやりとりを楽しんでいます。
      
  • 仲良し
    仲良し
     少しずつ友だちに興味を持つようになりました。最近では手を手を繋いで歩くのが楽しいようで、保育士が声をかけたわけでもなく、気がついたら手を繋いで仲良く歩いている!ということもしばしば・・・。「あるこう」の歌が流れると嬉しそうに足を上げて歩く姿が見られます。
      
  • 園庭遊び
    園庭遊び
     園庭にて遊びました。久しぶりの園庭に色々な物や遊びに興味津々!一人が砂の山を見つけ登っているとその姿を見て後をついて行く子ども達。保育士が「おーい」と声を掛け手を振ると嬉しそうにみんな一緒に手を振り返してくれました。
      
  • マット遊び
    マット遊び
    マットで山を作り遊びました。保育士がマットを準備しているとすぐに上に登ろうとする子ども達。「待っててねー」と伝えると待つことが出来ます。いざ、山が出来るとそれぞれがハイハイや歩いたりして渡っていきます。バランスが上手くとれない時には保育士と手を繋いだりして・・・。降りる時には“パタパタっ”と足が速く動くことを楽しんでいるのかニコニコ笑顔が見られます。
      

  • 手掴み食べ
    手掴み食べ
     保育士からの援助で食べることを進めていた子ども達も少しずつ自分で食べようとする気持ちが芽生えてきて、積極的に手掴み食べをするようになりました。スープを飲んだ後に入っていたさつま芋を起用に指で掴み、一つ一つ慎重に口に運んでいます。食べ終わると、終わったことを教えてくれるので成長を感じます。
      
  • クシュクシュ
    クシュクシュ
     2月のゆきだるま制作のために、花紙を丸めました。花紙を丸める様子を見せると、子ども達も同じようにしようとクシュクシュ花紙を丸めようとしていました。保育士が「上手、上手」と声をかけると、笑顔いっぱいに手をたたいて喜んでいました。丸めた花紙を、保育士がナイロン袋に入れていこうとすると、“自分で”と言わんばかりの顔・・・。一緒に袋に入れることが出来ました。
      
  • 手作り玩具
    手作り玩具
     指で掴んだり、物を出し入れすることを遊びを通じて覚えてもらえるように保育士が作ってきた手作り玩具。子どもたちは毎日、嬉しそうにお気に入りの玩具で遊んでいます。物の出し入れが出来るようになり、少しずつお片づけにも興味を持ち出したので、今はみんなでお片づけを覚えようと頑張っています。
      
  • どうぞ
    どうぞ
     家庭や保育園でたくさんの言葉から動作を覚えてくる今の時期。友だちに玩具を渡して、ペコッと頭を下げる動作を繰り返し楽しんでいます。変身ステッキを「楽しいから遊んでみない??」と言っているかのように渡していました。保育士が、「どうぞしてるの?」と声をかけると、2人してハッと驚いた顔をしてステッキを落としてしまいました。子どもだけの秘密の世界があったようです。
      
  • ばぁ!
    ばぁ!
     保育士の動きを追うのが大好きです。柵に掴まり立ちをして、保育士に向かってニコッと笑いかけては、友だちと目を合わせて笑い合っています。少しずつ、両手で掴んでいた手も片手になったり、掴まらずに立てるようになってきたりと、たくさんの成長を見せてくれています。
      
  • あーん
    あーん
     年長児と一緒におやつを食べた子どもたち。お姉さんに「あーん」と声をかけられながら口元におやつの雑炊を食べさせてもらいました。普段と違う様子に最初は戸惑っていた子ども達も、お姉さんたちの優しい笑顔に安心した顔を見せ、大きな口を開けて美味しそうに食べる事ができました。