保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • いちごできたよ~!
    いちごできたよ~!
    いちごの製作をしました。赤い花紙を手でくしゅくしゅっと丸めたら袋に入れ、黒いシールで種をペタペタと貼ると、ふんわりかわいいいちごの出来上がり!くしゅくしゅっとするのが楽しかったようで、「まだする」とたくさん丸めていました。中には力いっぱいぎゅっと握るのが楽しい子もいて、いろいろな大きさや形のいちごができました。自分らしく作ったいちごを持って、とても嬉しそうにしていました。
      
  • てんとう虫さんまた来てね
    てんとう虫さんまた来てね
    園庭で遊んでいると、他のクラスの先生がてんとう虫を見つけてきてくれました。手に乗せると、ちょこちょこと動き回るてんとう虫に皆釘付け!自分の手に乗せたり、いきなり服に飛んできたりしてもへっちゃらな子どもたちです。指先まで上って来て、ぱっと飛んで行ってしまったてんとう虫さんに、「ばいばーい!また来てねー!」と皆で手を振ってお見送りしました。また来てくれるといいね。
      
  • アンパンマンできた!
    アンパンマンできた!
    園庭に出ると、砂場で型抜きして遊ぶことが大好きないぬ組さん。最近は、他のクラスの子が水を使って泥遊びしているのに興味を持ち、そーっと近寄って様子を伺っている姿も見られます。ペットボトルや容器に水を入れて運んでくると、砂場に流し、固まった土を型の中に入れていきます。ひっくり返すとできるアンパンマンに大喜びの子ども達です。
      
  • 泥遊び
    泥遊び
    他のクラスの子が裸足で泥遊びしているのを見て、入りたそうにするいぬ組のお友だち。靴を脱がせてあげると、おそるおそる泥に足をつけます。スコップや容器を手にすると、泥をすくい上げたり、それを流してみたりと、泥の感触や水の冷たさを感じながら楽しんでいるようでした。泥が顔や服に散っても平気。元気いっぱいで遊んでいます。
      
  • ダンゴムシ
    ダンゴムシ
    他のクラスの子が見つけてきたダンゴムシを一緒に見せてくれました。皆で頭を寄せ合って、お椀の中のダンゴムシを覗き込みます。近くで見るダンゴムシに夢中になる子どもたち。掴んでみるとくるっと丸まり、その拍子に手からぽろっと落ちてしまったダンゴムシを、きょろきょろと皆で探す姿がとてもかわいらしく見えました。
      
  • ぶら~ん
    ぶら~ん
    鉄棒をしっかりと手で掴み、足を上げてぶら~んとぶら下がって遊ぶ子どもたち。高さを変えながら、何度も何度もぶら下がって楽しんでいます。手の届かないような鉄棒にも、手と足を一生懸命伸ばして掴もうとする子も。抱っこして体を持ち上げてあげると、ちょっと怖がりながらも「もう一回!」というチャレンジャーもいます。
      
  • おーい!
    おーい!
    天気の良い日は園庭に出て、たくさん体を動かして遊びました。ちょっと高いすべり台も、子どもたちは怖がることなくどんどん挑戦しています!一番上に辿り着くと、笑顔で「おーい!」と手を振ってくれます。お友だちが上っているのを見て、僕も私もと、いつのまにか皆がすべり台に集合していました。
      
  • こいのぼり作り
    こいのぼり作り
    シールを貼ったり、手型スタンプを押したりして、こいのぼり作りをしました。最初は難しかったシール貼りも、貼っていくうちにだんだんとコツをが掴めてきた子どもたち。出来上がると、「こっちがおとうさん、こっちはおかあさん!」と嬉しそうにお話してくれました。
      
  • いちごあまーい!
    いちごあまーい!
    午後のおやつにいちご大福が出ました。白くて丸いおやつに子どもたちは興味津々。初めは「これ苦手やー」「食べれない」と言っていた子も、一口食べてみると「あんこおいしいね」「いちごあまーい!」とぺろりと食べてしまいました。甘くておいしいいちご大福、皆で食べるとより一層美味しく感じました。