保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • ブロックタワー
    ブロックタワー
     ブロック遊びが好きな子がブロックをどんどん高く積んでいたら、横から男の子が次々とブロックを渡して高いブロックタワーが出来上がりました。保育士が「凄いねぇ!高く出来たねぇ!」と声をかけると、「ママとパパとにぃにと一緒におるんよ」とどんなものを作ったのか教えてくれました。「いいねぇ。先生も入れる?」と聞いたら、「先生は、ここ!」と笑顔で教えてくれました。
      
  • いっしょに
    いっしょに
     給食後、自分たちの好きな絵本を読んでいた子ども達。一人の子が果物の絵本を読みながら「アッポー」や「ピーチ」など知っている果物の英語名を声に出していたら、隣で別の本を読んでいた子どもも「アッポー」や「ピーチ」と一緒に声を出し英会話教室になっていました。その後は、一緒に1つの絵本を見たり一緒に笑い合ったり楽しそうにしていました。
      
  • お片づけ
    お片づけ
     ボール遊びが終わった後は、自分たちで片づけ。保育士の「お片づけするよ~」の声に合わせて一斉にケースの中にボールを片づけてくれます。以前までお兄ちゃんやお姉ちゃんが片づけてくれたボールを、1つまた1つと外に出していた悪戯好きの子ども達が今では成長し、一緒に片づけをしてくれます。そしてここでは、自分で手を叩いて上手でしょアピール!可愛い子ども達がたくさんです。
      
  • ぽーん
    ぽーん
     天気が悪い日には部屋の中でボール遊びをします。保育士の「ぽーん」の声に合わせてボールを投げることが出来るようになり、みんなで「ぽーん」と言いながらボール投げを楽しんでいます。また、少しずつ出来ることが増えてきた子は、ボールを投げた後に「上手~」と声をかけると自分で拍手をしながら喜んでいます。遊びの中でも出来ることが増え楽しさ倍増です。
      
  • さらさら~
    さらさら~
     園庭にでると、砂場がどんな遊びよりも大好きな子ども達。この日は、「シャベルで山作る?それとも型抜きする?」と言いながら園庭に向かうも、子どもたちは自分たちで遊びを見つけ保育士はしらない・・・。シャベルで土を掘ったり、お皿の上に土をたくさん盛ったり、ゆっくりとお皿を傾けて「さらさら~」と言っているかのように声を出しながら何度も何度も繰り返し楽しんでいました。自分たちで好きな遊びを見つけて遊ぶ事が出来てきたことに喜びを感じる毎日です。
      
  • すべり台
    すべり台
     中庭テラスにある木の家のすべり台に興味津々だった子ども達。「今日は、ここで遊ぼうか」と声をかけると、「わーい」と言いながらあっという間に登っていきました。すべり台の前では、早く行きたいけど順番だったよなぁ・・・とソワソワしながら自分の番を待ち、順番がきたら笑顔いっぱいに滑っていました。子ども達に、「楽しい?」と声をかけると、「うん」と言いながら大きく頷いてくれました。