保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • スヤスヤ
    スヤスヤ
     いぬ組の子ども達も来る回数が少しずつ増えてきて、環境に慣れてきた子も多くなりお昼寝の時間にしっかり眠ることが出来るようになりました。オルゴールをかけて、カーテンを閉め、うす暗くなった部屋で保育士に頭やお腹を撫でてもらったり、座ったまま抱っこしてもらってゆらゆらしていると安心してスヤスヤ。友だちが横にいるとさらに落ち着くようであっという間に気持ち良さそうな寝顔を見せてくれました。
      
  • りんごケーキ
    りんごケーキ
     おやつにりんごケーキがでました。りんごが美味しい今の季節に、子ども達が大好きなホットケーキにたくさんのりんごが入ったケーキを食べました。いつもは、自分で持って食べたりしない子も一口あげると、目を輝かせて自分でケーキを手に持ちパクリッ!!美味しかったようで次から次に口に入れてました。「美味しい?」と聞くと、「うんっ」と嬉しそうに言ってくれました。
      
  • 手型
    手型
     子ども達の手型を取り、節分の鬼のお面制作をしました。絵の具を手の平に塗ると、かゆそうに手をモジモジしたり、ジーっと真剣に見つめたりと子どもたちは不思議そうにしながらもやる気満々でした。画用紙に手を置いて離すと手型が出来ており、それを見た子どもたちは、「て、て~」と楽しそうにしていました。
      
  • 1月制作
    1月制作
     1月の制作は、羽子板を作りました。羽子板の形に切った画用紙にいろいろな形に切った千代紙をのりで貼りました。子どもたちは、初めて触るのりに「つめたい」と少し笑いながら楽しそうに塗っていました。「画用紙いっぱいにのり塗ってね」というと、「ぬりぬり~」と言いながらたくさん千代紙を貼って可愛い羽子板が出来上がりました。
      
  • 大きくなぁれ
    大きくなぁれ
     園庭遊びをしながら、少しずつ大きくなってきたそらまめを見に行くと、「はっぱ、はっぱ」と興奮気味の子ども達。「みんなで大きくなぁれってはっぱさんヨシヨシしようか?」と声をかけると、少し緊張気味に「はっぱさんヨシヨシ」と言いながらみんなではっぱを撫でました。
      
  • こま回し
    こま回し
     新年を迎えて子ども達と一緒にお正月遊びをしました。初めて触るこまを不思議そうに見つめたり、保育士が回す姿に興味を持って見たりする子が多い中、一人離れて一生懸命回そうとチャレンジをしていました。「出来る?」と聞いてみると、ふっと顔をあげてにこぉ~と笑い顔を見せてくれました。その後も一生懸命回そうと頑張っており、信念な眼差しでこまと向き合っていました。