保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • 黄色いイチョウの木
    黄色いイチョウの木
     保育園の園庭から、きれいな黄色いイチョウの木が見え、子どもたちが「あのイチョウの木、黄色くてきれいだね」と言っている声を聞いて、午睡の時間に行ってみました。すぐ近くに大きなイチョウの木!黄色いイチョウの葉があたり一面落ちていて、とてもきれいな場所でした。「地面全部黄色いよ!とてもきれいだね!」と大興奮の子どもたち。みんな数枚葉っぱを持って帰りました。次の日、落ち葉を使って制作を行いました。
      
  • 協力して
    協力して
     この日は、生活発表会の劇で使う背景の色塗りをしました。“泣いた赤おに”をイメージして、どんな絵を描くか決め、みんなで色塗り。「おには山に住んでて、村人はこんな村に住んでいるのかな」と想像を膨らませて、色を塗ることができていました。空は真夏の澄んだ空色、山はきれいな紅葉、村の田んぼは苗が育っているという、なんとも不思議な季節感の絵となっていますが、みんなで協力して一生懸命塗りました。本番を楽しみにしていてください。
      
  • アニマルセラピー
    アニマルセラピー
     この日は、デイサービスセンター和泉の利用者の方と一緒にアニマルセラピーという行事に参加しました。前半は、学生によるペイプサートや歌、手遊び・ダンスなどで大盛り上がりの子どもたち。真似っ子をして、賑やかな時間を過ごしました。その後、デイ和泉に行き、動物たちと触れ合いをしました。約束事をきちんと守り、優しく動物に触ることができていました。動物を触ったことのない子も、友だちが触っている様子を見て恐る恐る触っていました。
      
  • 久しぶりの
    久しぶりの
     制作を行いました。この日は折り紙を使って、秋の果物作り。最近、朝や夕方に折り紙を折る姿を良く見かけていたため、今月は折り紙を使った制作を考えました。いつもは、折り方を本で見ている子どもたちですが、今日は保育士の見本を見ながらの制作。きちんと先生の方に目を向け、耳でしっかり聞き、折り方の順番を覚えて折ることができていました。手が止まっている子を見ると「どこができないの?こうやって折るんだよ」と気付いた子が優しく声をかけ、教えてあげている姿もたくさん見られました。
      
  • 先日植えた・・・
    先日植えた・・・
     そら豆が芽を出し、成長してきたため植え替えを行いました。ポットから苗を出すのはお手の物!やり方もバッチリの子どもたちは、自分たちで考えながら植え替えができていました。ポットでの芽出しの様子もしっかり観察していた子どもたちは「これからも水やり頑張る!」と言ってお世話をすることを楽しみにしています。
      
  • 戸外遊び
    戸外遊び
     戸外では、子どもたちの大好きな鬼あそびの他に、こんな遊びが人気です。タイヤ、フラフープ、平均台が順番に置いてあり、輪の中をジャンプして通ったりバランスを取って渡ったり・・・きちんと順番待ちをして、1人ずつ並んでいけるようになってきました。身体を動かして毎日元気に遊んでいます!