保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • 可愛いね
    可愛いね
     最後の保育園生活をクラスだけではなく、他クラスの中に入って行き、小さいお友だちや保育士と一緒に関わりをもち、思い出作りを行いました。小さいクラスでは、何かお手伝いをしたくてウズウズしていた子どもたち。「何かしようか?」と率先して保育士に尋ねていました。給食を食べる時には「美味しいよ食べてみて」と声をかけたり、トイレに連れて行ってあげたり…泣いている子どもがいたらティッシュを取って来て、涙を拭くなど、優しいお兄さん、お姉さんがたくさんいました。もうすぐ1年生。残りの園での時間、たくさんの思い出を作ってほしいと思います。
      
  • じゃがいも植え
    じゃがいも植え
     みんなでじゃがいもの種植えを行いました。でも、収穫する頃、きりん組は1年生・・・それでも、"みんなのために!"と一つ一つ丁寧に植えてくれました。じゃがいもはじゃがいも自身が“種”になることを知り、「へぇー」と驚きの声が上がっていました。まずは包丁で種芋を切るところから。"種芋を植える"、"肥料をまく"、"土をかける"と3つに役割分担して取り組みました。「大きくなってね」と優しく土や肥料をあげていました。大きくなったら保育園のお友だちが”きりん組さんが植えてくれたじゃがいも”と思い出しながらたくさん食べてくれる日が楽しみですね。
      
  • クッキング
    クッキング
     みんなで、保育園の思い出作りの一つとして、クッキングを2回行いました。1回目はクッキー作り!!グループごとに生地を伸ばし、型抜きに挑戦!!「ここもできるよ」「ちぎれそう」と慎重に生地を触り、シートの上に並べていくことができました。オーブンで焼いていると、「良い匂いがしてきたね」と焼き上がりを楽しみにしながら型抜きを行っていました。焼けたクッキーを見て「わぁ!!」と歓声を上がり、「美味しいね」と友だちと顔を見合わせながら味わっていました。2回目のお好み焼き作りもみんなで協力し、見事成功!みんなで作ったおやつの時間は特別でした。
      
  • 買い物ごっこ
    買い物ごっこ
     昼の勉強の時間に、お金や数について学ぶ機会も作っています。その成果の場として遠足のおやつを自分たちで買うことにしました。自分の財布に100円(10円玉10枚)を入れ、嬉しそうに握りしめてホールのお店屋さんへグループごとに出発。買い物カゴを持ち「どれにしようかな」「好きなのがある」「60円高いな…」と、おやつとにらめっこ…。指を折りながらお金の計算をしていざレジへ。「120円になります」の言葉に「あれ!?」と驚きの表情を浮かべ、「お金が足りない…」と計算し直したり、「まだ買える」と選びに行ったり…四苦八苦…。苦労して買ったおやつの味は特別なはず。遠足が楽しみです。
      
  • 3月の制作
    3月の制作
     3月の制作を行いました。今回のテーマは、“菜の花と小学生になった自分”花の部分は切り紙を行いました。広げた時の模様が楽しくて、切り方を工夫し、友だちと見せ合いながら作っていました。“ランドセルと自分”は、先月に引き続き型紙を使用しました。ランドセルは細かいパーツに分かれていたのですが、型をとり、ハサミで切ることができました。組み合わせる際には、貼る場所に戸惑っていましたが、見本と見合わせながら一枚一枚貼ることができました。作品の中の子どもたちのように、4月から笑顔いっぱいでランドセルを背負っている姿が目に浮かび嬉しい気持ちになりました。
      
  • ドキドキの小学校
    ドキドキの小学校
     「小学校はどんなところ?」を知るために、双葉小学校へ見学に行きました。まずは、1年生の教室!!すると去年まで同じ保育園だったお友だちも発見!「久しぶり」と声をかけてもらったのですが…かっこいいお兄さん、お姉さんになったためか…恥ずかしそうな子どもたちでした。他にも家庭科室、理科室と様々な教室も見せてもらい、目を輝かせる子どもたち。帰りは「かっこよかった」の言葉が飛び交っていました。来年の今頃は、きりん組さんもこんな風に成長しているのかなと思うと、今から楽しみです。