保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • 英語教室
    英語教室
    みんなが楽しみにしている英語教室。今回は、英語でのお買い物ごっこを楽しみました。先生の指示をしっかり聞いて4~5人ずつに分かれ、カゴを持って、お買い物へレッツゴー!!悩みながらもしっかりと買い物をすることが出来ました。みんなの「GOOD!」の声を聞いて安心する子どもたちでした。
      
  • 次は・・・
    次は・・・
    年長組から引き継いだ、海洋少年団!制服合わせでは、どの子も興奮状態に。ずっと憧れで、制服を着ると照れくさそうにしていました。4月からは、年長組の子どもたち。「きりん組さんになるんよ。」など今からワクワクしてくる子どもたちでした。
      
  • 猿になりたい??
    猿になりたい??
    太鼓橋の上を渡るだけではなく、うんていにして遊ぶ子どもの姿も見られるようになりました。「すごーい」「猿みたい。」と興味津々の子どもたち。順番に並び、挑戦しています!!出来る子どもは、「こうしたら、良いよ。」「手の力と足の力がいるんよ」などコツを教え合う姿が見られています。
      
  • 頑張れ!
    頑張れ!
    ほとんどの子どもが出来るようになった太鼓橋。中には、苦手の子どももいますが、みんなで声を掛けながら、「頑張れ!」「後ろも付いてるよ。」と優しく教えてあげる姿が見られました。1歩進むと、「やった~出来たよ!」「すごいじゃん!」と自分の事の様に喜び応援していました。成長を感じ、ほっこりする一面でした。
      
  • メガネ・・?!
    メガネ・・?!
    室内遊びで、人気のある「ラキュー」!最近では、組立書を見ながら、自分で考えながら作っています。「先生!見て~」と振り向くとメガネを作って見せに来てくれた子どもたち。教え合いをしながら、みんなでお揃いのメガネを作っていました。それに興味を持ち、毎日のようにメガネをかけて見せに来てくれます。
      
  • 思いを込めて・・・
    思いを込めて・・・
    卒園する、年長組の友だちに「ありがとう」「頑張ってね」などいろいろな気持ちを込めて、プレゼント作りをしました。プレゼントは、木工と紙粘土を使ったカレンダー!印に合わせて釘打ちをしたり、紙粘土で型抜きや数字を描いたり、作業は、たくさん。みんな、積極的に取り組む事が出来ました。
      
  • 節分制作①
    節分制作①
     2月と言えば・・・「節分」。と言うことで、鬼のお面と豆入れを作りました。豆入れは、ティッシュの空箱を土台にし、黄色と白の画用紙をちぎり、貼って仕上げました。ちぎり絵は、みんな集中して黙々と取り組み、間をあけないように丁寧に貼る事が出来ました。その上に自分で考え工夫してオリジナルの顔やトラ柄模様も作り可愛い豆入れが完成しました。
      
  • 節分アニマルデー
    節分アニマルデー
     節分アニマルデーでは、自分で作ったお面と豆入れを身につけ、集会に参加しました。いつもと違った雰囲気になんだか、ドキドキの子ども達。「鬼は、いつ出て来るの?」と不安そうにしている子どもの姿も見られましたが、えっちゃんのお話や保育士による劇を見て節分について楽しく学びました。その後園庭に出て、自分のお腹にいる鬼を追い出そうと思いっきり豆投げを楽しみました。
      
  • ひな人形制作①
    ひな人形制作①
     3月と言えば、女の子のお祭り「ひなまつり」。ひな祭りに向けて、雛人形制作をしました。まずは、土台作りから。ハサミが上手になった子どもたちは、今回、厚紙に書いてある花の型作りに挑戦しました。曲線が難しく、また、紙が堅く、苦戦する子どもの姿も見られましたが、最後まであきらめず切ることが出来ました。
      
  • ひな人形制作②
    ひな人形制作②
     雛人形は、紙粘土を使って作りました。顔は、丸。体は三角でそれぞれの形を手を使って丸めたり、握ったりしながら作る子どもたち。三角の形を作るのが難しく、友だちにコツを教えてもらいながら頑張りました。出来上がった紙粘土に自分の好きな色で色を付け、1人ひとり個性のあるかわいい雛人形が完成しました。