保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • 咲くかなぁ
    咲くかなぁ
     植物のお世話が大好きな子どもたち。今度は“なでしこ”と“アスター”の種植えを行いました。「こんな小さな種からお花が咲くのかなぁ」と心配そうにしていましたが、やさしく土をかけ、ポットに植えました。「お花が咲くの楽しみだね」と言って、水やりをしていました。
      
  • 咲きました!
    咲きました!
     子どもたちがずっと大切に育ててきたチューリップが咲き始めました。球根を植えてから、水やりを欠かさずずっと観察してきたので、少しの変化にも気付く子どもたち。緑の葉っぱが伸び、その先の小さなつぼみがいつ花開くのか楽しみにしていました。1つ花開くと次々と咲いて、とても喜んでいました。今も水やりは欠かせません!
      
  • 色水遊び
    色水遊び
     だんだん暖かくなってきて、きれいにパンジーやビオラが咲いていたので、久しぶりに色水作りを行いました。久しぶりなので、作り方をすっかり忘れていた子どもたち・・・しかし、友だちと「どうやるんだっけ」と相談したり、保育士に「これで合ってる?」と聞いたりしながら、作りました。
      
  • お絵かき
    お絵かき
     この日は、絵具を使ってのお絵かきに挑戦しました。「なにを描こうかな・・・」と迷っていましたが、友だちが遊んでいる様子が気になり、「あの子の絵を描こう!」と言って、遊んでいる様子を描いていました。筆の使い方は、制作で何度か使っていたのでバッチリ!筆に絵具をつけすぎないようにしたり、水の調節を考えたりしながら、絵を描きました。
      
  • 卒園式練習
    卒園式練習
     卒園式間近のこの日、ホールで行われている練習に初めて参加しました。少し緊張気味の子どもたち。きりん組の子どもたちの姿を見て「ぼくたちも上手に座らないと!」と思い、真似をして足をくっつけて、手を膝の上に乗せて上手に座っています。「あんなにかっこいいきりん組さんになれるかな」と、年長児に憧れと期待を膨らませていました。
      
  •  卒園式に向けて、廊下の壁面作りを行いました。子どもたちの得意な浸し染めを行い、桜の花びらを作りました。乾いた紙を手でちぎって貼り、大きな桜の木を作りました。「きりん組さんのために、きれいな桜を作ろうね」と友だち同士で話し合い、みんなで協力して作りました。