保育園での日常的な保育の風景です。子どもたちは、みんな楽しく元気に過ごしています。
写真をクリックすると大きな写真になります。

  • 鬼に変身!?
    鬼に変身!?
     節分の日に向けて、豆入れ制作、そして参観日の日には鬼のお面制作をしました。お面制作ではお家の方、年中・年長組のお兄ちゃんお姉ちゃんから、ヒントを貰いながら個性溢れる鬼が完成しました。同じ題材の鬼でも、角の材料が違ったり、顔の表情が違ったりと、様々な工夫が見られましたよ♪豆入れ制作では、画用紙を使ってちぎり絵を行いました。鬼のパンツは自分で模様を描き、ハサミで切りこみを入れました。作ったお面を被り、豆入れを下げ、鬼に成りきる子どもたちでした♪
      
  • 郵便屋さん
    郵便屋さん
     とら組に進級してから本格的に始まった郵便屋さん!はがきに送りたい友だちや先生の名前を書き、手紙を書いたり、絵を描いたりした後、切手を貼ってポストに投函します。最近では、ひらがなに興味がある子どもが増え、あいうえお表を見ながら自分で文字を描く姿が見られるようになりました!はがきを貰った時の嬉しそうな表情は見ていてほっこりします♪
      
  • お散歩
    お散歩
     季節は冬ですが、天候が良くポカポカと暖かい日にはお散歩に出かけました。友だちとしっかりと手を繋ぎ、「こっちに寄るんだよ!」「前つめてね」と子ども同士で声の掛け合いをする姿が見られるようになりました。石手川沿いにあるいくつかの公園にも行き、元気よく体を動かして遊ぶ子どもたち。行きも帰りも、通りすがる地域の方々に大きな声で挨拶をする事が出来ます♪また散歩に行こうね。
      
  • 凧上げに挑戦!
    凧上げに挑戦!
     子どもたち一人一人が絵付けした、オリジナルの凧を使って凧上げに挑戦しました!初めての体験だと言う子が多く、初めは中々凧が上がらず、絡まったりしていましたが、回数を重ねていくと、「風が吹いたよ!」「今なら飛ぶよ!」と風を読みながら凧上げを楽しむ子どもの姿も(笑)風を上手く使って高く高く上がった凧を嬉しそうに見つめていましたよ♪凧のように子どもたちも大きく伸び伸びと成長しますように。
      
  • 凧作り
    凧作り
     お正月と言えば…凧上げ!と言う事で、発表会でもらったプレゼントに入っていた凧にみんなで絵付けを行いました。自分の名前を書いたり、好きなキャラクターや乗り物など、思い思いに好きな絵を描く子ども達。四月当初に比べると、イメージしたものを形や色で上手に表現することが出来ており、中には絵本を見ながら真似して描くなど、見て描く力もついているのだなと思いました。出来上がった凧を保育室に吊るすと、「あった!」「綺麗だね!」と自分の凧を探すため、自然とみんなが上を向いていました。